お肉料理で亜鉛を摂取するコツ

お肉料理で亜鉛を摂取するコツ

・亜鉛が多いのは牛肉
肉類には亜鉛の量が多くなっています。脂肪分が多い部位よりも赤身を選ぶと良いでしょう。100g当たり5mg〜7mg程度の亜鉛が摂取できます。どの肉類でも良いのですが、亜鉛の量が多いのは赤身の牛肉です。

 

・ カロリーが少なく亜鉛が多いのは?
お肉を食べる場合カロリーを気にする方も多いでしょう。亜鉛の量が多くても、総カロリーが多くなってしまうのは控えたい方もいるはずです。牛肉の中で亜鉛の量が多くカロリーが少ない部位は、かた肉・ももです。どちらも脂肪分が少なく、赤身の割合が高ければ摂取カロリーは少なくて済みます。

 

・粉チーズ焼がおすすめ
お肉自体の亜鉛の量を多くするなら、粉チーズを振りかけてオーブンで焼きましょう。粉チーズにも亜鉛が多くなっており、乾燥して栄養が凝縮しており少ない量で亜鉛が摂取しやすくなります。お肉の衣にチーズを使えば下味としても使えるため便利です。チーズはハード系のほうが亜鉛の摂取量が多くなりやすいため、グラタン用のチーズを利用する方法も良いでしょう。

 

・おやつにはビーフジャーキー
1日の中で亜鉛が不足していると感じたら、おやつにビーフジャーキーをプラスしましょう。100g食べれば1日の摂取量に達します。