加熱すると亜鉛は減る?

加熱すると亜鉛は減る?

・様々な調理に向く亜鉛
亜鉛を食品から摂取したい場合、加熱したら壊れてしまうかが気になるでしょう。亜鉛はビタミンとは異なり、熱に強い栄養素です。生の食品にこだわる必要は無く、加熱調理しても問題ありません。肉類や魚介類に多く栄養素で、焼いたり煮たりしても亜鉛の量が減りにくくどんな調理にも向いています。

 

・亜鉛は加熱で壊れるという説
実は亜鉛の加熱では、壊れにくい・壊れやすいの2つの説があるようです。亜鉛は熱で壊れやすいと主張する方もいるため、摂取量が気になる方は生の食材で摂取するか、サプリのようにそのままの形で補給できる商品が便利でしょう。サプリなら加熱された牡蠣などの原料を使用し、亜鉛の配合量が記載されているため希望の量が摂取しやすくなります。

 

・結局どうなの?
亜鉛自体が溶けるためには、約419度という高温が必要となります。熱で変質しにくい性質は持っているが、吸収しにくい性質があります。調理での変質より組み合わせる食品により吸収量を高めるようにしましょう。クエン酸、ビタミンCが亜鉛の吸収を高めてくれます。これらの栄養素は亜鉛を包み込み、吸収率がアップします。生や加熱に関わらず酸味の強い食品と組み合わせてみましょう。